マタニティヨガをするときのヨガウェア

ヨガにはいろいろな種類がありますが、妊娠中でも行うことができます。

妊娠中のヨガは通常のヨガと同様にインナーマッスルを鍛えることを目的にしながらも、妊娠中に起こりやすいむくみや冷え、こむら返り、ストレスの解消や体重増加の抑制などの妊娠している時に起こりやすいトラブルのケアを目的にしています。

また、精神的にもリラックスすることができ、分娩時にも活かせる呼吸法を身につけることができます。そんなマタニティヨガを行う時に気になるのが、ヨガウェアだと思います。

マタニティヨガはポーズや動きを重視する通常のヨガとは異なり、心と体のリラックスを目的にしているためヨガウェアはなるべく体に負担のかけないものを選んでいきます。

ヨガウェアの選び方としては、まずお腹をカバーできるものがオススメです。体調が良ければマタニティヨガは、妊娠後期でも行うことができます。

その分お腹も大きくなっているため、大きなお腹も覆うことのできるチュニックや丈の長いTシャツ、マタニティ用のスパッツなどを利用します。また、ゆったりした動きですがきちんと汗を掻くことできる運動でもあります。

それを考慮してお腹が冷えないように保湿性のある素材のものを選ぶこともポイントです。授乳口のついている授乳ウェアを選べば、産後ケアのために行うヨガに通うときも利用することができます。

心地よくヨガをすることは大切なため、締め付けがない着心地のいい素材を選ぶことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *