スポーツを楽しむため自分の体力の状態をチェック

オリンピックによるスポーツ熱が過熱する中、自分自身も何かスポーツを行ってみたいと触発される人もいるでしょう。

水泳やマラソンといった個人競技、バスケットボールや野球、バレーボールなどの団体競技もあるため、個人競技か団体競技か迷う場合があります。加えて、社会人になると職種にもよりますが、運動面においては学生時代よりも体力が低下してチョットした運動で筋肉痛に悩まされてしまうという場合もあります。あるいはスポーツを行って楽しくダイエットをしたいと考えておられる方もいるでしょう。どちらにせよスポーツはストレッチなどの軽い運動よりも体に多くの負荷がかかるため、しっかりと土台となる体力作りを行う事が不可欠です。

体の準備が出来ていない状態で急激な運動を行うとすぐに筋肉痛や肉離れなどを起こしてしまう可能性もあります。まずは体力作りを行って、自分の体を運動負荷に耐えられる状態に慣らしてゆく事が大切です。手始めに自分の体がどの程度の運動負荷に耐えられるのかを認識するため、20分ほど筋力トレーニングを行い、その後30分から1時間程度の有酸素運動を取り入れて様子を見る事をお勧めします。ダイエットの観点からも先に筋力トレーニングを行ってから有酸素運動に移行する事が効率的です。

まず筋力トレーニングで脂肪を糖質に変えて、それから有酸素運動で燃焼させるという流れとなっているので効果的です。トレーニング後は筋肉の超回復をするために2日から3日ほど休息します。運動不足であればこの辺で筋肉痛になりますが、回復した後でまたトレーニングを繰り返す事で、筋肉痛などの症状も緩和され、継続するならダイエット効果も見込めます。その結果スポーツの負荷にも耐えられる体力を得て楽しむ事ができるようになります。まずは自分の体力の状態を知り、運動の負荷に耐えられる体づくりを行う事が不可欠です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *