ヨガの精神面での効果

ヨガは呼吸法が様々ありますが、共通して深い呼吸を意識して行います。

深い呼吸を意識することで精神面での余裕が生まれ、実際にヨガウェアを着て動きとあわせ、身体面で全身の血流が良くなることが確認されており、血流が良くなることで精神面を支える自律神経の活動を整えることができます。自律神経が整うと、いきなり怒ったり、なんでもないのに泣きたくなったりするなどの、感情の起伏の激しさが抑制され、うつになりにくいとされています。感情の抑制がきくことで、様々な良いことへつながっていきます。

人間関係の改善もはかりやすくなり、新たな人間関係を作るのも容易いことになります。また、お金を使いすぎてしまったり、ダイエットをしているのに食べ過ぎてしまう方も自律神経が整うことにより、散財欲や、食欲などの欲望を抑えることができ、よく「使いすぎてしまった」、「ダイエットをしていたのにまた食べて太ってしまった」といった自己嫌悪による負の連鎖を断ち切ることができます。そういった負の連鎖を断ち切ることも精神面の余裕に繋がっていきます。

感情を抑制するだけではありません。ヨガは集中力を高めることができ、仕事であったり、日常での自らのスキルアップに取り組む人にとって集中力を高い状態で行えるのは、パフォーマンスの向上に繋がり、成功がしやすいです。成功確率の向上は、自信につながるだけでなく、成功した結果自体が未来のステップアップにつながっていくこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *