コピー機リースとレンタルの差

コピー機は一台だけでもその価格はかなりの高額ですので、まして複数の台数を購入しようとなると、それだけ大きな出費となってしまうことは回避することができません。

そこで購入に代わる便利な方法として、リースやレンタルが取り沙汰されることが多くなってきています。リースとレンタルのどちらも購入と同じようコピー機を手元において使用することができますが、契約期間中の所有権はリース会社やレンタル会社にありますので、会社の資産として減価償却などの処理をすることはありません。費用も契約期間に応じて月割りであったり日割りであったりしますので、いずれにしても一度に高額請求のおそれはなく、経済的負担は軽減されるものといえるでしょう。コピー機のリースとレンタルにはいくつか違いがありますが、リースの場合は事前に審査があるものの、契約期間のトータルでみた場合の料金はレンタルよりも安く、また機種やメーカーをほとんど自由に選定できるのが大き気な魅力となっています。

契約期間は機種などの条件にもよりますが、おおむね5年程度を考えておけばよく、場合によっては当初の契約期間の満了後にそのまま更新することもありえます。いっぽうでレンタルのほうは審査がありませんがレンタル店にある在庫の機種がそのままあてがわれるほか、期間は数日や数週間から、長くてもせいぜい数年程度となっています。料金はどのような契約内容によるのかによって異なりますが、長期の場合は月単位での精算となるパターンがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *