長期的に使うことのできるコピー機のリース契約

企業のオフィスに1台はあるコピー機の多くは、短期間契約のレンタルや会社での購入ではなくリースです。

サービス提供をする会社との契約により、一定期間契約が終わるまで自由に使うことができます。目安としてはコピー機のリースは、だいたい5年間から6年間の契約です。2年以下といったとても短い期間の契約も稀にありますが、一般的には5年くらいの長めになります。会社でも頻繁に使うOA機器などは最新機器も定期的に発売になるので、乗り換えたいと考えることもありますが、契約している会社に契約の組み換えができるか相談をすることです。最新機器への乗り換えであれば、途中での解約ではありませんし、契約満了まで導入当時の機器を絶対使用するといったルールもないです。コピー機の所有権は導入をする会社ではなくリース会社にありますので、数年間という長い時間を使ったとしても自分たちのものにはなりません。

いつかやってくる系や期間満了ですが、その後も同じ機器を使い続けたいなら、また契約の締結をすればOKです。ずっと同じ機器を使っていると、クセや使い勝手もわかっていますし、業務もその方がスムーズにいくこともあります。使用頻度が激しくなるほどシステムエラーが発生をしたり、紙詰まりが起きることがありますが、修理などもすべてお任せです。修理や保守などのサービスは一般的に、契約をする際に一緒に内容として盛り込まれています。不調が起こるたびに業者を手配して、無駄なコストをかけることにもなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *