リースするコピー機のオプション

コピー機は文書業務をする上では不可欠の存在ですが、各メーカーとも次々と新製品の開発とリリースにいそしんでおり、単に同じ文書を大量に作成する機械ではなくなっています。

文書の複写についてもモノクロに加えて写真の画質に近い水準のフルカラーのものがありますし、冊子になっている書類をページ順にまとめて丁合いする機能や、ステープラーで自動的に綴じる機能などもあります。このように多彩な機能をもつ現代のコピー機は、かつての時代よりもかえって販売価格が高額になっていますので、購入するのではなく、リースで対応するのが得策です。リースであれば毎月のリース料金をベースにした支払いとなるため、一度に多くの現金の持ち出しが発生するおそれがありません。また機種も自由に選ぶことができるため、必要な機能を安価に使いこなすことができるのもポイントです。

このコピー機のリースにあたって検討の必要があるのは各種のオプションの存在であり、基本料金とは別に支払いを若干プラスしなければならないことがあります。たとえばさきのステープラー機能を支える部品であったり、丁合いに対応した大型の排紙台だったりしますが、これらはコピー機そのものの基本的な性能とは別のオプション品となっており、その部分の料金も別途請求されることは感覚的に理解できるはずです。問題はそれがいくらかかるのかであって、事前にしっかりと見積りをしてもらって金額を明らかにすることがたいせつです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *