コピー機リース会社の見極め方

コピー機をリースする際、リース会社は数多くあるので、どこが良いのか迷ってしまいます。

適当に選んでしまっては、後で後悔することになる可能性があります。すべての会社が良い会社であるわけではありません。失敗しないためにもいくつかのポイントをもとに見極めることが大切です。まず、リース期間が長い契約は要注意です。コピー機の法定耐用年数は5年となっているため、5年契約が一般的と言えます。それにもかかわらず、6年以上の契約は必ずしも悪いとは断定できませんが、その契約内容をしっかりと確認する必要があります。また、リース期間より保守期間が短くなっていないか確認しておきましょう。この場合、保守期間が過ぎるとリース期間内でもサポートが受けられなくなることを意味します。追加の保守料金を請求される可能性も高いと言えます。総額についてもよく確認する必要があります。

単価ばかりに目がいきがちですが、期間をかけてみるとかなりの額になることに気づくでしょう。場合によっては、コピー機が購入できてしまうこともあります。コピー機のスペックと費用の妥当性のチェックも重要です。契約書は隅々まで目を通すことをおすすめします。思ったもの違うものが納品されても、契約書通りであれば文句は言えません。A3での印刷が必要なのに、A3対応していないコピー機が納品されても使い物になりません。このようなことが起こらないよう確認を行い、不明な点があれば確認するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *