リース契約したコピー機の入れ替えをする2つの手段

5年から7年くらいの契約期間になるリース契約ですが、まだ期間途中のコピー機であっても入れ替えを検討することはできます。契約をしてからの使用頻度が頻繁になるほど、機械ものですから若干の不具合を起こすことも考えられますし、故障が増えれば業務に支障をきたすなど穏やかではありません。古い機能になれば使いにくさが出てきてしまい、業務の効率化を妨げてしまうこともあります。入れ替えを考える理由は複数ありますが、いったん契約をしたコピー機は、同じ機器をリース契約満了まで使い続けなくても大丈夫です。

最初の契約をしたら期間が終わるまで、絶対に他の機器に乗り換えできないルールはありません。やり方は大きく分けるの2つあるので、都合の良い方法を選択することです。見当をした時点でまだ残っている支払いを、すべて一括で払い終えて新しく契約の締結することもできます。もうひとつは新品機器の商品価格に、まだ支払いを終えていない分を上乗せして、コピー機の新リース契約を締結する手段です。

この際の契約金額は、上乗せ済みの価格になります。選択肢は2つあるものの、多いのは後者のやり方です。組み換えをした後の毎月の金額は、絶対に高くなるのかどうか、この点は気になります。月額の支払い料金は少し高くなるとしても、現状とあまり変わらない機器を導入したいなら、契約期間を長めにすることです。

5年契約ではなくプラス1年の6年契約にするだけでも、毎月の支払い料金を少しセーブできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *