リース契約のコピー機が中途解約できないわけは2つ

基本的にリース契約を結んだコピー機は中途解約ができないことになっていますが、解約できない事には理由があります。数年単位で契約をする期間のないの支払いのリース金額は、総合計金額がコピー機を購入する金額だからです。購入のためにかかる全体の9割以上であり、取引に関する項目の中にも細かく書かれています。貸し出しをする会社が使いまわしをする機器ではなく、依頼するユーザーがコピー機を選びますが、代わりに購入をするのはリース会社です。

購入と貸し出しをセットにしたサービスを提供していますので、機器が直接オフィスなどに納品をされます。一括のサービスとして行っているため、購入後の機器はもしも途中で解約しても、支払いは必ずしなければなりません。契約上は何があっても解約できない印象ですが、実は中途解約をする方法はあります。契約期間が満了をする前に解約をどうしても希望するなら、まだ支払いが残っている残債を支払うことで解約ができるからです。

その際に分割で支払うのではなく、支払いの残りを一括で支払います。支払いをするだけではなく、借りた機器を返却する必要がありますが、この場合の運搬費用も借りた側の負担です。とくに中途解約をすることなく、期間満了を迎えることになったら、2つの選択肢があります。いったん機器は返却をして、ほかのコピー機をリース契約するか、もしくは同じ機器を再度借りる方法です。

長く使った機器を使い続けるのも良いですが、新しい機器を導入できるチャンスでもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *