企業でコピー機を導入する際一般的なのはリース契約

会社の事務所にあると便利なコピー機ですが、導入をする方法として企業でポピュラーなのはリース契約です。他にもレンタル契約や機器を購入する方法もありますが、それらよりも会社にとって何かと都合の良い契約なので選ばれています。この場合の契約ではコピー機の所有権はリース会社にありますので、数年単位で借りても自社の機器にはなりません。何年も長く使うと愛着がわきますが、丁寧に使っても年数が経過しても所有権を得ることはないです。

また契約に関しては個人ではなく、法人のみになります。レンタルと同じ印象がありますが、レンタルは短い期間だけ借りたい時に適した契約です。もしもレンタルで借りたら利用できる期間は数日から、長くて3年くらいですが、それに比べると通常は5年から7年がコピー機のリースになります。使用頻度が減ったので途中契約したいといっても基本的にできませんが、レンタルは中途解約が可能です。

はじめから中途解約を視野に入れると損をするようですが、長く使う会社での契約ならレンタルは割高になります。OA機器は次々と新製品が発売されるので、最新式を購入してもすぐにさらに新しい製品が発表をされますが、レンタルの場合は機器を選ぶことはできません。これに対してリース契約ならばコピー機を選ぶことができますし、中古商品ではなく新品からの選択が可能です。導入時にネックになりがちな、まとまった出費となる初期費用も掛かりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *