コピー機リースと購入ではランニングコストにも差が

購入をするのかリース契約をするかコピー機は、どちらの導入方法がお得かは知りたい情報です。最初から購入をするのであれば、割安な価格の中古品を選ぶこともできます。少し肩が古くてどこかでしばらく使われた中古であっても、まだまだ十分に印刷はできるはずです。初期費用をとにかく抑えたいのであれば、中古品を買うこともできます。

固定資産税や減価償却などは会社の経費で計上できますから、コピー機リース契約よりも実は購入の方が節税効果が高めです。機器本体の料金だけ考えると、お得になるのは購入をする方法になります。ただし本体金額の支払いだけではなく、OA機器をオフィスに入れたら、ランニングコストがかかることを忘れてはいけません。精密機器であることから、使えば使うほど故障をする可能性も秘めています。

これに対してコピー機のリース契約をする場合は、対象は新品製品だけです。長く使うことを考えれば、本体価格だけではなく使っていく費用が掛かるので、購入が絶対にお得というわけではありません。オフィスで稼働が始まれば印刷コストがかかりますが、購入をする場合は全額ユーザー負担です。消費してなくなっていくトナーも用紙も、なくなれば経費で落とさなければなりません。

メーカーから発売される、純正トナーは正規品だけにお値段もそれなりに高いです。コピー機をリース契約した場合は、用紙代金やトナー代を自己負担する必要がありません。導入後の印刷コストも、大幅にお得になるのがコピー機リース契約です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *