コピー機のリースとレンタルの違いについて

コピーが必要になった場合、一時的に数枚のみならコンビニに行けばわずかなお金でコピーを取ることが可能です。しかし、仕事で毎日使用したり、大量のコピーを取る必要があるなら手元にあった方が便利です。導入方法には、購入以外にもレンタルやリースなどのさまざまな方法があるので、自分に合ったコピー機の導入方法を選ぶようにするのがおすすめです。借りたコピー機は、どちらも自分に所有権が無いという点で似ていますが、契約期間、保守サービス等で大きな違いがあります。

レンタルの場合は1日単位で必要な期間だけ借りることができますが、リースの場合は最短でも3年など期間が決まっており、それより前に解約すると大きく損をしてしまうことになります。また、レンタル用で利用できる機種は新品だけでなく中古もあり、コピー機の保守サービス料が込みとなっています。一方でリースの場合は利用できる機種は新品のみで、保守サービス料は自己負担となっているケースがほとんどです。ただし、長期間レンタルを続けた場合は割高になってしまうことが多いので、3年以上使うことがわかっている場合はリース、短期間の使用ならレンタルなど、コピー機の利用期間によって使い分ける方法がおすすめです。

レンタル料金やリース料金、利用システムなどはそれぞれの会社によって大きく異なるため、コピー機を購入以外の方法で導入しようと考えている場合は、十分に比較検討した上で利用するところを選ぶ必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *