リース契約見積もり内容の確認をしてコピー機の導入を

リースでコピー機導入を検討する際には見積もりを取りますが、いくつか確認するべきポイントがあります。契約期間に関しても確認を行いますが、リースするにしても基本的なコピー機の法定耐用年数は5年です。業者によっては契約期間が6年や7年に設定されていることもあるため、満了までの年数も確認をします。依頼を検討した販売業者からは5年契約の見積もりでも、やり取りの中でいつの間にか変わっていることもないとは言えません。

本体価格交渉をしたら、その後の見積もりでは年数が長くなっているなど、契約期間を確認することは必要です。稼働率が激しくなれば精密機器にも不具合が生じる可能性は高まりますが、何かあった際に修理などの対応が無償なら助かります。そこでコピー機リースをするときにも、見積書でカウンター保守契約に関する内容確認も欠かせません。保守料金には様々な料金が含まれていますから、なければ費用面の負担が増えるばかりです。

含まれるのはトナー代に故障時の修理費用、必要に応じて使う交換部品の料金も含まれています。トラブル時には業者のスタッフやメーカーの専門スタッフが駆けつけるので、修理現地対応費もありますし、搬送費も保守料金に含まれる料金です。故障により部品の交換をすることになっても、別途追加料金を請求されることはありません。機器の部品が汚れていて不調を起こしたり、紙詰まりで困った時にスタッフが駆けつけても、訪問修理だからといって出張料が発生をすることもないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *